信頼性の高いnlpの協会に入ろう|効率よく仕事ができる

男の人

お菓子の作り方を学ぶ学校

建物

最近では専門的な知識やスキルを要する製菓業のパティシエが若い人を中心に人気が高まっているようです。独創的で評判の高いお菓子作りを学ぶためには製菓専門学校に通い、基礎的な製菓知識を学んで卒業後に洋菓子店やホテルに就職するというのがパティシエになる一般的な方法なのですが、実は高校でも製菓の知識を学べる学校もあるのです。製菓を学べる高校は全国を見回してもそれ程多くはありません。大都市圏ではたくさんあるでしょうが、地方では恐らく各県単位で一校か二校位しかありません。そのため普通の高校に入学して製菓専門学校に進学するという選択肢もありますが、なるべく早くお菓子作りを学びたいと考えていらっしゃるのであれば製菓コースのある高校へ進学すると良いでしょう。

製菓コースを取り入れている高校の授業カリキュラムについてですが、基本的には普通科高校と同じような科目と併せて衛生管理や食品実習のような専門授業を学ぶことになります。また学校内だけではなくホテルや料理店で実習研修を学ぶ事もありますので、実際の職場で製菓作りを学べる良い体験ができると言えます。そして高校卒業までに製菓衛生師や菓子製造技能士といった国家資格獲得を目指しますので、卒業する頃には即戦力として就職することができるのです。どうせ専門学校で学ぶのであればしっかりお菓子作りの基礎を学べる高校に通われた方が学費の面からしても効率が良いですし、専門学校よりも就職のルートが広いこともあり有利であると言えます。将来明確にパティシエを目指している方はお菓子作りのコースが入った高校進学がお勧めです。